誰にでも起こりうる突発性難聴|早めの受診が症状悪化を防ぐ

医者

長い目で見ることが大事

耳

世田谷でリウマチの治療をしてくれる病院やクリニックを探す際、どんな治療を行うのか、事前に調べることは大事です。また、長く通い続けることになる場合があるため、最寄りで探すようにします。評判のいいところかどうかという点も大事です。

Read More...

基本を知っておこう

看護師

乳がんかもしれないと思ったら、外科を受診するのが基本です、婦人科や内科ではありません。また、更年期になるとホルモン補充療法を受ける人も多いですが、乳がんのリスクが高まるので注意しましょう。主治医としっかり話し合って行うことです。

Read More...

かかりつけ医は必要です

綿棒

かかりつけの小児科を決めておくことはとても大事なことです。伊丹の小児科でかかりつけを見つけておくことで急な子供の病気に対応が早くできます。赤ちゃんの時期から小児科は何度となく訪れるところなので病院選びを慎重にしていきましょう。

Read More...

突然聞こえなくなる

誰にでも起こる病気

耳

難聴というと高齢の方の症状と考えがちですが、突発性難聴は若い人でも突然かかる病気です。 突発性難聴はある日、突然おこります。だんだん悪くなるといったものではなく、急に仕事中に聞こえなくなったり、朝起きたら耳が詰まっているといった具合です。 実は、原因はまだはっきりしていません。 共通していえるのは、疲れがたまっていたり、睡眠がきちんと取れていなかったり、ストレスを感じていたりすることが多いようです。 また、おたふくかぜなどの耳にかかわる病気をした後にかかることもあります。 片耳だけの場合が多いですが、両耳ともなる場合もあります。 遺伝的なものでもありませんし、原因が不明のため、治療もすぐに治るというものではありません。

もしかかってしまったら

片耳だけで、反対側は聞こえるからといって様子を見ていると、耳の場合は治りにくくなります。とくに突発性難聴は放っておくと治りません。すぐに耳鼻科を受診します。 治療は薬物療法がメインとなりますが、原因がわからないので、ウィルスに対しての薬やリンパの流れを良くする薬などが出されます。 一番大事なことは安静に休むことです。 早めの受診であれば、一週間ほどで改善されます。しかし、発病から一カ月以上たってしまうと治らなかったり、後遺症が残ってしまいます。とにかく、早めの受診が重要です。 最近では突発性難聴だけではなく、ヘッドフォン難聴などの若い人がかかる難聴も増えてきています。特に睡眠をきちんととって予防しましょう。